タイワンタケクマバチ

私のフィールドである木曽川祖父江緑地では,2014年に初めて観察しており,その後見かける機会が増えてきています.
本種は名前の通り,枯れダケに穴を開けて巣を作りますが,園内には営巣に適したタケが多く生えています.
5月16日に,タケの周辺を飛び回る成虫を確認し,付近を調査したところ,営巣を確認しました.比較的接近した3本の枯れダケに,合計5ヶ所の巣穴があり,ハチが出入りしていました.巣穴は地上から50cmから1m位の高さに開けられていました.
画像
枯れダケに開けられた巣穴

画像
脚に花粉を付けて巣に戻ったメスバチ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

ハチりん
2018年05月21日 23:50
タイワンタケクマバチ。
真っ黒ですね。
日本のクマバチとは見分けやすいですね。
なんでも愛知県は豊橋市が初 発見みたいですね。
道理で東京都にいないですよね。

この記事へのトラックバック