テーマ:刺傷被害

2017年度の人口動態調査結果が発表されました

2017年度の人口動態調査の結果が,9月7日に厚生労働省から発表されました.ハチ刺傷による死亡者は13人で,昨年の19人から6人減少しました.男女別の内訳は男性9人,女性4人と男性が多くなっています.年齢階層別では,60歳代が4人,70歳代が3人,80歳以上が3人と相変わらず高齢者が多数を占めています.
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キイロスズメバチに115人が刺される(岐阜県)

9月11日(日)午前10時20分頃,飛騨市神岡町内で,マラソン大会の参加者697人の内115人が,コース途中でキイロスズメバチに刺されという事例がありました.被害者はいずれも軽症で,そのままレースを続行した人も少なくなかったようです.刺傷被害者が115人というのは,私が知る限りでは過去最多です. 巣はコース途中にある橋の下側に作られて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2015年度の人口動態調査の結果が発表になりました.

 2015年度の人口動態調査の結果が,9月8日に厚生労働省から発表されました.ハチ刺傷による死亡者は23人で,昨年の14人から9人増加しました.男女別の内訳は男性20人,女性3人で,圧倒的に男性が多くなっています.年齢階層別では,60歳代,70歳代,80歳以上が各6人と相変わらず高齢者が多数を占めています.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キイロスズメバチによる刺傷被害(愛知県犬山市)

9月22日午後2時45分頃,犬山市内の遊歩道を歩いていた男女4人がキイロスズメバチに刺され,病院に搬送されたがいずれも軽傷とのことであった.国宝「犬山城」向かう遊歩道で,県内有数の観光地であることから,複数の報道番組で被害が取り上げられた. 巣は遊歩道脇のサクラの根元にあり,むしろ今まで被害がなかったのが不思議なくらいの場所であった,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2012年の人口動態調査結果が公表されました.

2012年の人口動態調査結果が9月5日に厚生労働省から発表されました.ハチに刺されて亡くなった人は22人で,2011年(16人)から6人増加しました.内訳は男性18人,女性4人で,相変わらず高齢の方が多くなっています. ハチ刺傷による死亡は”不慮の事故”の中に含まれますが,同じ不慮の事故でも,その他の理由で亡くなる人が圧倒的に多いこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more