テーマ:祖父江緑地

今年もタイワンタケクマバチの季節がやってきました.

私のフィールドである木曽川祖父江緑地にでかけました,新しい昆虫が侵入してくると,初見から2~3年後には普通に見かけるようになります.ナガサキアゲハやツマグロヒョウモンの時もそうでした. 昨年は5月16日に,多数の営巣を確認しましたが,今年は少し早く5月の11日に現地へ出かけたところ,営巣活動を開始した直後で,枯れダケに巣穴を開けている…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

タイワンタケクマバチ

私のフィールドである木曽川祖父江緑地では,2014年に初めて観察しており,その後見かける機会が増えてきています. 本種は名前の通り,枯れダケに穴を開けて巣を作りますが,園内には営巣に適したタケが多く生えています. 5月16日に,タケの周辺を飛び回る成虫を確認し,付近を調査したところ,営巣を確認しました.比較的接近した3本の枯れダケ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

オオスズメバチ初見

私がフィールドにしている木曽川祖父江緑地(稲沢市)へ久々にでかけました.目的は同行のU氏に普段私が活動している現場を案内することです. 園内をあちこち案内している途中で,アカメヤナギの樹液に飛来したオオスズメバチの女王バチ1頭を見かけました.今年は春先に異常に暖かな日が多かったため,早々と越冬から目覚めたようです. その後園内でもう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

チャイロスズメバチの営巣の発見

 昨日(8月12日),オニグルミの樹洞にチャイロスズメバチが営巣しているのが見つかりました,巣の状況から12日(あるいは前日の11日)に引っ越ししてきたばかりの巣と考えられます.本種やキイロスズメバチ,モンスズメバチは,最初の営巣場所が狭くなると,新しい場所に引っ越しをする性質があります.今日(13日)の画像では,前日何もなかった巣の入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイロスズメバチを発見

稲沢市の木曽川祖父江緑地で,樹液に飛来したチャイロスズメバチを発見しました.本種は丘陵地を中心に分布しており,平野部で見つかったのは初めてです. 最初に見つけたのは8月10日で,働きバチ一頭だけでしたが,11日はシラカシで働きバチ4頭,40m程離れたクヌギで数頭同時見つかりました.飛来数が多いことから,巣は比較的近くにありそうですが,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

樹液のレストランとスズメバチ.スズメバチネジレバネ

祖父江緑地にある一本のシラカシにたくさんのチョウが集まっていました.内訳はゴマダラチョウが10頭以上,キタテハ2頭,アカタテハ,ウラギンシジミ各1頭でした. スズメバチはオオスズメバチの働きバチ3頭とコガタスズメバチの越冬女王バチ1頭で,このコガタスズメバチにはスズメバチネジレバネが寄生しているのが確認できました.ネジレバネに寄生され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

その後のオオスズメバチ

オスズメバチの巣は駆除されずそのまま営巣中です.巣の周囲にロープを張って,スズメバチ注意の掲示がしてあります.巣の位置から十分距離をとってロープを張ってあるので,イタズラでもしない限り危険はないと思われます. 今年は雨が多くて土中営巣するオオスズメバチにとっては受難の年です.当地では8月16日から17日にかけて集中豪雨があり,巣が影響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度こそオオスズメバチ

祖父江緑地へ昆虫調査に出かけました.暑い一日でしたが,水辺の木陰では涼しい風が通り抜けてエアコンの中にいるようでした. ピクニック広場脇のササ藪からオオスズメバチが出入りしているのを見つけました.巣の所在場所は何となく分かるのですが,詳細は不明です.成虫の出入りが結構多く,このまま放置すると来場者に危険が及ぶ可能性が高いので,管理事務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオスズメバチの活動が始まりました

 稲沢市の祖父江緑地に昆虫調査に出かけました.公園内12ヶ所に設置されたトラップにオオスズメバチが1頭捕獲されているのが確認できました.  トラップは20日(月)に設置したとのことで,成虫がまだ中で動いていたことから,今日捕獲されたと考えられます.まだ樹液では確認していませんが,オオ→コガタ→モン→ヒメの順でまもなく本格的な活動が始ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シラカシの樹液とスズメバチ(その後)

8月11日に報告したシラカシには,その後オオスズメバチが多数飛来するようになり,来場者が近づくと危険な場所なので,管理者によって柵が設けられていました. このシラカシには5頭ほどオオスズメバチが見られましたが,昨年多数のオオスズメバチが来ていた近くのクヌギにはほとんど姿を見せません.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台風一過,スズメバチの活動も活発です

観察中のコガタスズメバチの巣は無事でした.極めて低い場所に巣があるため,あまり風の影響を受けることはないようです.沖縄でも台風対策のため巣は低い場所に作られます. 少し前まで樹液にやってくる働きバチの数が少なかったのですが,今日はたくさんの働きバチを見かけました.特に今までスズメバチを見かけてことの無い一本のシラカシに,コガタ,オオ,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメスズメバチ初見

祖父江緑地で,ノブドウの花に飛来したヒメスズメバチを2頭確認しました.これで昨年と同様にオオ,コガタ,モン,ヒメの4種を確認したことになります.
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コガタスズメバチの働きバチが羽化しました.

5月15日に見つけたコガタスズメバチの初期巣では,働きバチが羽化しました. 時々巣の様子を覗いていましたが,女王バチを一度も見ることがなく,てっきり廃巣になったものと思っていました.6月12日には巣の筒の部分が少しだけ欠けていましたが,単なる破損だと考えていました 6月14日には筒の部分が無くなっており,反対側に回ると新しい外皮でき…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

クヌギの樹液はオオスズメバチとゴマダラチョウで大賑わい

公園に植栽されたクヌギの樹液には,今年もオオスズメバチが多数飛来しています.写真の場所は地上から4m位の高さです. 昨年は近くにあるもう一本のクヌギに多数のオオスズメバチが飛来していましたが,今年は全く姿が見られません.何とも不思議なことです.
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コガタスズメバチの初期巣を発見

 昨日にj引き続き祖父江緑地にでかけました.鳥屋さんにヤツガシラの情報が伝わったためか,現地はビックリするくらい大勢の人がカメラを構えていましたが,ヤツガシラは現れなかったようです.  この日の調査で,コガタスズメバチの営巣初期の巣を見つけました.観察に適した場所で今後の経過が楽しみです.巣を揺らしたため,中から女王バチが出てきて巣の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

祖父江緑地でヤツガシラという珍しい鳥を見る

 祖父江緑地での昆虫調査の折,聞き慣れない大きな鳥の声が気になって近くまで行くと,緑地で鳥の調査をしている I 氏に遭遇,ヤツガシラという鳥だと教えていただきました.  その後,調査の終了間近には,運良く地上に降りて餌をついばむ姿を撮影できました.後で調べてみると,鳥屋さんが一度は見たいと思う珍しい鳥とのこと,非常な幸運に恵まれた一日…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more