テーマ:オオスズメバチ

コナラの樹液にオオスズメバチとコガタスズメバチが飛来

今年は雨量が少なくて,樹液の出ている樹がほとんどありません.そのためかスズメバチを見ることありませんでしたが,コナラの樹液でオオスズメバチとコガタスズメバチの女王バチ各一頭を目撃しました.  他にはキタテハ,サトキマダラヒカゲ,ヒオドシチョウと三種類のチョウが付近で樹液をなめていました.
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

オオスズメバチ初見

私がフィールドにしている木曽川祖父江緑地(稲沢市)へ久々にでかけました.目的は同行のU氏に普段私が活動している現場を案内することです. 園内をあちこち案内している途中で,アカメヤナギの樹液に飛来したオオスズメバチの女王バチ1頭を見かけました.今年は春先に異常に暖かな日が多かったため,早々と越冬から目覚めたようです. その後園内でもう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

その後のオオスズメバチ

オスズメバチの巣は駆除されずそのまま営巣中です.巣の周囲にロープを張って,スズメバチ注意の掲示がしてあります.巣の位置から十分距離をとってロープを張ってあるので,イタズラでもしない限り危険はないと思われます. 今年は雨が多くて土中営巣するオオスズメバチにとっては受難の年です.当地では8月16日から17日にかけて集中豪雨があり,巣が影響…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度こそオオスズメバチ

祖父江緑地へ昆虫調査に出かけました.暑い一日でしたが,水辺の木陰では涼しい風が通り抜けてエアコンの中にいるようでした. ピクニック広場脇のササ藪からオオスズメバチが出入りしているのを見つけました.巣の所在場所は何となく分かるのですが,詳細は不明です.成虫の出入りが結構多く,このまま放置すると来場者に危険が及ぶ可能性が高いので,管理事務…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオスズメバチに関するビックリするような情報が寄せられました.

名古屋市生活衛生センターでは,4月途中から11月末まで市内11区の公園や緑地に定点を設けて各2個のトラップを設置し,スズメバチ類の捕獲調査を実施しています. トラップは1週間毎に回収し捕獲数を調査しますが,この時期は越冬を終えた女王バチがトラップにかかります. 昨年は4月と5月の2ヶ月間(4月:2回,5月:4回)の調査で合計136頭…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オオスズメバチの活動が始まりました

 稲沢市の祖父江緑地に昆虫調査に出かけました.公園内12ヶ所に設置されたトラップにオオスズメバチが1頭捕獲されているのが確認できました.  トラップは20日(月)に設置したとのことで,成虫がまだ中で動いていたことから,今日捕獲されたと考えられます.まだ樹液では確認していませんが,オオ→コガタ→モン→ヒメの順でまもなく本格的な活動が始ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シラカシの樹液とスズメバチ(その後)

8月11日に報告したシラカシには,その後オオスズメバチが多数飛来するようになり,来場者が近づくと危険な場所なので,管理者によって柵が設けられていました. このシラカシには5頭ほどオオスズメバチが見られましたが,昨年多数のオオスズメバチが来ていた近くのクヌギにはほとんど姿を見せません.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クヌギの樹液はオオスズメバチとゴマダラチョウで大賑わい

公園に植栽されたクヌギの樹液には,今年もオオスズメバチが多数飛来しています.写真の場所は地上から4m位の高さです. 昨年は近くにあるもう一本のクヌギに多数のオオスズメバチが飛来していましたが,今年は全く姿が見られません.何とも不思議なことです.
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

スズメバチの営巣活動が始まりました

 昨年に引き続き,稲沢市の木曽三川公園で昆虫調査をしています.  4月16日に初めてオオスズメバチの女王を目撃しました.4月26日にはコガタスズメバチを目撃しています. 5月1日にアカメヤナギの樹液にやってきた女王バチを撮影しました.長い越冬期間を終えて、スズメバチの活動が本格化しました.これに合わせて、長らく冬眠状態であったスズメ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

その後のモンスズメバチの巣 

 オニグルミの樹洞に営巣中のモンスズメバチの巣がオオスズメバチの攻撃を受け,幼虫,さなぎは全て持ち去られたようです.9月24日には巣穴の目張りが半分ほど壊れていましたが,30日には全く無くなっていました.  成虫の姿は今も巣の入り口付近に見られるものの,外役に出かける様子はほとんどありません.  9月下旬から10月にかけては,餌不足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久し振りに樹液でオオスズメバチを5頭目撃

祖父江緑地へ昆虫調査に出かけても,あまりの暑さのせいでしょうか?スズメバチの姿を見かけることが少なくなりました. 今日は久し振りに公園に植栽されたクヌギでオオスズメバチを目撃しました.以前はかなり低い場所で樹液が出ていましたが今日は高さ3mほどのところに集まっていました. 最初は幹に止まったハラビロカマキリの写真を撮ろうとしてファイ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

樹液を舐めるオオスズメバチの女王バチと働きバチ

15日の記事で働きバチの初見報告をしましたが,今日早朝に現地へ出かけてみると,さらにたくさんのスズメバチを見かけました. 一番数が多かったのはオオスズメバチですが,そのほかにコガタスズメバチ,モンスズメバチ,ヒメスズメバチも見かけました. オオスズメバチの女王バチと働きバチが一緒に写っている画像をUPしました.大きさの違いがよく分か…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

樹液でオオスズメバチの働きバチ初見

祖父江緑地のクヌギの樹液で,今年初めてオオスズメバチの働きバチを見かけました.体が一回り以上小さく,翅が全くスレていないので,羽化間もない働きバチであることが分かります. また,ノブドウの花ではコガタスズメバチの働きバチも見かけました.スズメバチの営巣活動も順調に経過しているようです.
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

クヌギで樹液を舐めるオオスズメバチ

先回争いが見られたクヌギでは,2頭の女王バチが少し離れた場所で何事もなかったように樹液を舐めていました. しばらくすると,そのうちの1頭が別のクヌギにやって来ました.この場所は地上から1m位で,早速アップで撮影してみました. この日はここから離れた場所でもう1頭オオスズメバチを目撃しているので,祖父江緑地周辺には少なくとも3頭が営巣…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

オオスズメバチの樹液を巡る争い

祖父江緑地の公園に植栽されたクヌギで,オオスズメバチの女王バチが樹液を舐めていました.そこへもう一頭の女王バチが現れ、餌場を巡って取っ組み合いの争いになりましたが,争いに負けた一頭はその場から飛び去りました.
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

猛暑とスズメバチ

 猛暑でスズメバチの活動が活発化!という記事や報道が目立つようになったが,果たしてそうであろうか? 今年はスズメバチの発生は8月の時点ではあまり多くないようである.  名古屋市では行政による駆除が廃止されたので詳しい発生状況は不明であるが,PCO協会への駆除依頼は例年の2/3程度らしい.また,熊本市や福島県の情報でも,駆除依頼は少な…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

スズメバチの活動が本格化しました.まもなく営巣活動が始まります.

 市内10カ所の定点に設置してあるトラップに多数のスズメバチが捕獲されるようになりました. 最も多いのは相変わらずオオスズメバチですが,コガタスズメバチも多数捕獲されています.  その他ではモンスズメバチとキイロスズメバチですが,例年ほとんど捕獲されないキイロスズメバチが少数ながらあちこちで捕獲されています.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメバチの営巣活動が始まりました

 今日は,市内10カ所の定点で実施している誘引トラップの2回目の回収日でした.その結果5カ所のトラップで合計12頭が捕獲されました.内訳は,オオスズメバチ8頭,コガタスズメバチ2頭,モンスズメバチ2頭です.  半年間にも及ぶ越冬を終えて,スズメバチの活動が本格的に始まったようです.営巣活動が始まるのはもう少し先になります.
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメバチ初見

 昨日(4月23日),市内南区を走行中,車の前方を横切るオオスズメバチ1頭を目撃しました.  また,市内に先週から設置された誘引トラップ(3カ所,6トラップ)でも,オオスズメバチ2頭,モンスズメバチ1頭,コガタスズメバチ2頭が捕獲され,スズメバチの活動が始まったことが確認されました.  連休明け頃までは越冬中の個体もあり,活動が本格…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more