今年もタイワンタケクマバチの季節がやってきました.

私のフィールドである木曽川祖父江緑地にでかけました,新しい昆虫が侵入してくると,初見から2~3年後には普通に見かけるようになります.ナガサキアゲハやツマグロヒョウモンの時もそうでした.
昨年は5月16日に,多数の営巣を確認しましたが,今年は少し早く5月の11日に現地へ出かけたところ,営巣活動を開始した直後で,枯れダケに巣穴を開けているのが観察できました.
また,オスバチ,メスバチをノイバラの花で観察しました.ニセアカシヤの花にもキムネクマバチに混じって多数のタイワンタケクマバチが訪花するのが観察できました.
画像
枯れダケをかじってに巣穴を開けるメスバチ

画像
ノイバラの花で吸蜜するオスバチ

この記事へのコメント

蜂は神秘
2019年05月16日 11:28
スミマセン。オオスズメバチの女王蜂見掛けましたら宜しくお願いします(^^)

この記事へのトラックバック